はじめに

 櫻田會は、昭和9年、時の2大政党の一つである立憲民政党が建設した政務調査館を管理運営するため、党とは独立の財団法人として設立されました。ただ、時代は軍国主義に走り、政党は昭和15年すべて解消されてしまい、その後さらに太平洋戦争敗戦と戦後混乱期を迎えましたので、この間の「櫻田會」は、かつての同志の親睦の場以上のものにはなり得ませんでした。

 しかし、昭和30年(1955)年代後半になると、かつての政党幹部を中心に当會事業の再生が検討され、戦後も残った土地の上にビルを建設し、その果実を財源にして我が国の政治に寄与する事業を行おうとする機運が盛り上がり、昭和42(1967)年には東京桜田ビルを竣工させるに至りました。その後、余資が生ずるのを待って、昭和51(1976)年以降現在まで、不偏不党の立場で以上の目的に沿う政治研究の表彰事業や政治研究事業、さらには政治にかかわる各種の助成事業に取り組んでまいりました。

 また過日の財団法人制度改革に対応し、平成25(2013)年4月1日付で内閣府管轄下の一般財団法人としての認可を受け、現在まで活動を続けています。

PAGE TOP